残暑お見舞い申し上げます | 4xz7u9 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

残暑お見舞い申し上げます

reply

残暑お見舞い申し上げます。


普段なかなかお会いする機会がない、各支店の皆さまにおかれましては、お変わ

りなくお過ごしでしょうか。


先日、我が家の上の娘と近所の小川(川幅50センチ程度)に遊びに行きました。

すると、ザリガニやサワガニ、どじょうに、フナなど私が小さい頃に夢中になっ

て捕まえていた生物がまだまだたくさんいるではないですか。

まだまだ身近にいるんだなーぁ。

思わず嬉しくなりました。

昔はどこにでも当たり前のようにいたこれらの生物が、最近は探すことが非常に

大変になってしまいました。

子どもにこれが絵本で見たザリガニさんだよと教えてあげると、目を丸くして見

入っていました。

私は、自分の子どもに生きているこれらの生物をみせて教えることが出来まし

た。

しかし、子どもたちが親になったとき、その子どもたちに実際に見せてあげるこ

とが出来るのかなーぁとついつい考えてしまいました。


小学校は夏休みのはずなのに、虫かごと、虫取り網を持っている少年を全く見ま

せん。

この間、小さい頃に、よくクワガタを捕まえていた場所へ行ってみました。する

と、ビックリ、昔はジャングルのようだった場所がきれいに整地されてマレット

ゴルフ場になっていました。

捕まえに行く場所も少なくなってしまったのかなーぁと寂しく思いました。


つい最近まで、FMラジオでこんなCMをやってました。【東京少年少女合唱団

は(ぼくらはみんな生きている)を上手に歌います。しかし、そこに出てくるオ

ケラやアメンボなどの生物を見たことがありません。】本当にこんな時代が来な

いことを切に願う今日この頃です。


まだまだ残暑が続きますので、くれぐれもご自愛ください。


こんな気分のときにお勧めの一曲(井上陽水 少年時代)


めざましか? 子供とかみさん 大合唱

                 —ともぞう心の俳句—

posted by 4xz7u9 | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.